九州の登山初心者にお勧めの山

九州は山が多く、九重阿蘇のような火山から九州脊梁山地の、深いブナ林が続く山岳地帯もあります。

九州の登山初心者、ならびに、九州の山を登とうと考えている方々にお勧めする方々へお勧めする山をご紹介します。


1. 九州の登山初心者にお勧めの山

九州の山は、日本アルプスの山々と違い、複数の山を何日もかけて縦走するような登山ルートはあまりありません。

また、有人の営業山小屋もほとんど無く、九重の法華院温泉山荘ぐらいしかありませんし、登山向けのキャンプ場もほとんどありません。

従って、宿泊を前提とした登山ルートはメジャーでは無く、日帰り登山が基本で、一見、初級の山ばかりに見えます。

しかし、火山や溶岩でできた山が多いため、険しい岩山が多く、それなりの技術が必要な山が少なくないため、気を付けて歩くようにしましょう。

九州は雪が少ないために、特別な装備が無くても、軽アイゼン程度で、殆どの山が一年中登れますので、初級程度の登山人口が多いのも特徴です。


1. 九重連山

九州では、登山のメッカとされ、九州で人口が集中する福岡県から近いため、登山者が非常に多い山です。

九重という山は無く、山域の総称で、最高峰は中岳(標高1,791m)で、次いで久住山(くじゅうさん 標高1786.50m)となります。

九重連峰は、火山の岩稜帯の尾根が続き、アルプスさながらの勇壮な山容が人気の一因でもあり、ミヤマキリシマが有名で、咲き乱れる季節は、山全体がピンク色に染まり、多くの登山者であふれます。

中腹には、ラムサール条約で認定された坊がツルと言われる湿地が広がり、その周辺は九州では数少ない、登山キャンプ場になっており、シーズンは多くのテントが張られます。

すぐそばには、九州唯一の山小屋である、法華院温泉山荘が有り、九州で一番高い場所にある温泉に入る事ができます。

登山口から3時間程度で辿りつけるので、登山初心者のはじめての一泊登山には、お勧めの場所です。


2. 霧島連山

鹿児島県と宮崎県にまたがる20あまりの火山からなる霧島山は、春夏秋冬さまざまに表情をかえる多彩なトレッキングルートで、多くの人々を魅了しています。

初心者が気軽に楽しめるコースから、本格的な縦走コースまで、老若男女、思い思いのルートで楽しむことができるのが魅力で、ミヤマキリシマの群落をはじめとする動植物に出会うことのできる、貴重な自然の宝庫でもあります。

以前は、韓国岳から高千穂河原へ至る一日で、霧島連山を縦走できるルートが人気でしたが、2011年ルート途中の新燃岳噴火が発生しましたので、縦走ができなくなりました。

最近は近辺の山の噴火兆候により、登山禁止と解除が繰り返されているため、登山する場合は、登山初心者の方は、最新の情報により登山するようにしてください。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ