登山初心者にお勧めの北九州の山

北九州(北部九州)は、九州でも人口が集中している関係上、交通の便が良く、また、登山者が多い山が多いのが特徴です。

登山初心者の方にお勧めする、北九州(北部九州)の山々をご紹介します。


1. 登山初心者の方にお勧めする北九州の山々

北九州(北部九州)の山は、古くから開発されている場所が多く、深い森や原始林が少なく、多くの登山ルートが開拓されていますので、あまり迷う心配もなく、多くのバリエーションの登山が楽しめます。


1.背振山地

脊振山地の山域は、福岡県と佐賀県の県境に沿って、西は福岡県糸島市・佐賀県唐津市から、東は福岡県那珂川町・佐賀県鳥栖市にまでわたり、北には福岡平野、南には天山まで続く山がちな地域が広がります。

縦走路を中心として、福岡県側佐賀県側双方より、登山ルートが多く有り、初心者から上級者まで様々な登山が楽しめます。

特に、初心者の方にお勧めなのが、椎原登山口から車谷を登り、背振山へ至り、椎原峠から下山する周遊ルート(総歩行時間5時間程度)で、沢沿いのルートと尾根道、また、渓谷を楽しめる自然豊かな登山が楽しめます。

北九州(北部九州)では、比較的登山者が多い山ですが、豊かな自然が残る、登山初心者にはお勧めの山です。


2.雲仙岳

雲仙岳(うんぜんだけ)は、普賢岳、国見岳、妙見岳の三峰、野岳、九千部岳、矢岳、高岩山、絹笠山の五岳からなる山体の総称で、「三峰五岳の雲仙岳」と呼ばれます。

特に、普賢岳、国見岳、妙見岳の三峰は短時間で周遊でき、また、ロープウェイで妙見岳へ登ることができるため、行きはロープウェイ帰りは徒歩という登り方も可能です。

全て徒歩で、仁田峠から普賢岳、国見岳、妙見岳の周遊を行っても総歩行時間5時間程度であり、登山初心者にはお勧めのルートです。

春はミヤマキリシマ、秋は紅葉、冬は霧氷が楽しめ、特に花ぼうろと呼ばれる、冬の霧氷は、見事です。

北九州(北部九州)では、1年中楽しめる、登山初心者向けの山です。


3.由布岳

東峰と最高峰の西峰の2つのピークからなる双耳峰で、円錐形をしていることから、豊後富士とも称されます。

由布院盆地では、各所から由布岳の独特な山容を望むことができるため、ランドマーク的な存在となっており、別府湾からも鶴見岳の後方にその姿を望むことができます。

正面登山口からの総歩行時間は4時間程度で、登山ルートもほとんど分岐が無いので、登山初心者にお勧めです。

但し、初心者は東峰に登るようにしましょう。

西峰は、切り立った崖や、数cmの幅の尾根を通るルートになり、ヘルメットやロープなどの装備を整えた上で登る上級者ルートであり、非常に危険です。

下山後は、是非、湯布院温泉で体を癒しましょう。

湯布院温泉は、豊富な湯量を誇る有数の温泉地で、多くの立ち寄り湯が有るので、下山後の入浴には困りません。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ