登山初心者にお勧めする紅葉ポイント

山は、それぞれの季節ごとに、素晴らしい姿を見せてくれます。

春夏秋冬、それぞれの良さがありますが、山が一番色付く季節と言えば、やはり秋でしょう。

登山初心者の方に是非行って言って頂きたい、特にお勧めする紅葉の山をご紹介します。


1. 登山初心者でも紅葉を楽しめる八甲田山周辺

八甲田山と言えば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

ちょっと年配の方になると、やはり映画の八甲田山でしょうね。

明治時代多くの日本兵が遭難死し、日本山岳史上最大の遭難事故があったため、負のイメージが拭えませんが、東北有数の紅葉ポイントとしても知られています。

青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つで、八甲田山という山は無く、この山域を総称して八甲田山といいます。

八甲田山の紅葉は通常、山頂で9月20日前後から、山頂の湿原の草紅葉から始まり、その後、八甲田連峰の山肌を、ブナ、ナナカマド、ダケカンバなどが彩ります。

登山初心者の方は、ロープウェイを利用し山頂公園駅まで行けば、周辺の紅葉トレッキングが気軽に楽します。


2. 白神山地

白神山地は、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がっている山地の事をいいます。

1995年に世界自然遺産として登録されましたが、その主な理由は、人為の影響をほとんど受けていない世界最大級の原生的なブナ林が分布し、この中に多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれている事があります。

山全体がブナの黄色に染まり、世界遺産の景色を楽しめ、色付きは10月初旬から始まり、通常は10月中旬から下旬が紅葉期となります。

ブナのほかにも、ミズナラやカツラ、カエデなど色付き、色彩豊かな林の中を歩くことが出来る「ブナ林散策道」や「暗門の滝遊歩道」があり、登山初心者も気軽にトレッキングが楽しめるため、人気となっています。


3. 霧ヶ峰・車山

長野県の霧ヶ峰は、ビーナスラインというドライブウェイが通っており、気軽に駐車し、トレッキングが楽しめるため、登山初心者に人気の紅葉スポットです。

9月下旬から草紅葉が始まり、秋の訪れを楽しみながら散策することができ、草紅葉の見頃は、例年9月下旬から10月中旬になります。

車山の急斜面には、オオイタヤメイゲツやハウチワカエデ、ダケカンバ、ミズナラなどが自生し、美しい紅葉を見せてくれます。


4. 白山周辺

白山(はくさん)は、日本の北陸地方、白山国立公園内の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる、標高2,702mの山です。

山頂部や室堂平での見頃は9月下旬、弥陀ヶ原・南竜ヶ馬場付近では10月上旬となり、ブナ、ナナカマド、ヤマウルシ、カエデ、ダケカンバなどがきれいに色づいていきます。

白山スーパー林道の紅葉も見事で、10月下旬まで楽しめます。

様々な登山ルートがあり、白峰周辺のトレッキングコースは、登山初心者でも安心して紅葉トレッキングを楽しめます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ