登山初心者にうれしいシーズン到来

長い厳しい冬が過ぎ、登山シーズン到来です。

もちろん、冬山も登山ができる山もありますが、初心者にとっては不安です。

やはり、登山初心者にとっては、春からが登山シーズンですね。

さあ、おもいっきり山を楽しみましょう。


1.春は初心者の登山シーズン

子供の頃、親に連れられて山に登った経験がある方も多いと思いますが、その季節はいつでしたか?

おそらく、夏だったのではないでしょうか。

それは、夏休みという事もあるとは思いますが、なぜか、山のシーズンは夏というイメージがついています。

ですので、初心者の方が初めて登山するのは夏という場合が多いように見受けられます。

しかし、真夏に山を登って気持ちいのは、2000m以上の高山か、北海道の山ぐらいでしょう。

それ以外の山の場合、とにかく暑く汗だくで、とても疲れますし不快です。

登山は、意外と激しいスポーツで、特に登りでは、かなり体温が上がり、最悪、熱中症にかかる事もありますので、できれば、真夏の登山は避けたほうがいいと思います。

そこで、初心者の方にお勧のシーズンが、春の山です。

夏ほど暑くなく、同じ気温でも秋と違い日差しがあるので、暖かさが違います。

また、秋より日が長く、下山の時間に対する不安も少なくて、初心者には楽な気持ちで登山ができるのではないでしょうか。

まだ、木々が葉を茂らせていないので、森の見通しが良いため、明るいため、道がわかりやすく、道迷いの可能性も減ります。

登山初心者には、最も不安なく山歩きが楽しめるシーズンと言っていいでしょう。


2.萌える春を楽しもう

不安なく歩ければ、山をもっと楽しめるようになります。

春は芽吹きの季節で、色々な植物が一斉に花を咲かせます。

たくさんのスミレ、ショウジョウバカマ、イチリンソウ、ニリンソウ、カタクリなど数えきれないほどの可憐な花がたくさん咲き乱れますので、ぜひ、野草図鑑を持って、名前を調べながら歩いてみましょう。

カメラで写真を撮影するのもいいですが、虫眼鏡で観察するのもおもしろいです。

いつも見ている花を、虫眼鏡で観察すると、新たな発見があります。

メシベやオシベの形や、葉の小さな模様、それらは、肉眼ではわからない小さな世界です。

春は鳥が活発に行動を始める季節でもあります。

オオルリやコゲラ、キビタキなど多くの鳥が、木々の間を飛び回り、可愛らしい姿を見ることができ、双眼鏡や鳥の鳴き声を聞いて、野鳥図鑑で鳥の名前がわかれば、もっと楽しめるようになります。

登山初心者の方の春の山は、楽しいことが盛りだくさんのシーズンです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ