初心者が雨の日の登山で気をつけるべきポイント

いつも晴れた日に気持ちよく、登って、降りてこられたらいいのですが、そうとも限らないのが登山です。

そんな時にどう行動するべきかは、経験で分かっていくものですが、初心者の方は、当然、よくわからなく不安になると思います。

そんな初心者の方が気を付けるべき、雨登山のポイントを一緒に考えましょう。


1.登山初心者がすべき、突然の雨への準備

突然雨、というのは、本来はあり得ません。

雨が降る前には、必ず、雲が湧きますし、風も変わります。

ベテランになれば、それらの前兆が、感覚的にわかるものですが、初心者の方は、そんな余裕もない状態で、雨が降り出すことになると思います。

だから「突然」なんてことになるのでしょう。

では、「突然」雨に対して、どう準備しておくかというと、雨具の場所です。

ザック(リュックサックのこと)にできるだけ取り出しやすい場所に雨具は入れておきます。

そして、上下別々にまとめて、別々に取り出します。

一緒にまとめてしまうと、例えば、上着を着るときに、ズボンを濡らしてしまうことにもなりかねません。

雨具を着て、ザックカバーをザックに付けたら、とりあえず準備完了です。


2.雨の登山は行動に気を付けて

雨具を着て、ザックカバーをつければ、まずは、濡れません。

でも、雨が降れば何が起こるか?

一番怖いのは、川の増水です。

登山する上で、ほとんどの場合、沢を渡っているかもしれませんし、今から、沢が有るかもしれません。

晴れている日は、なんでもないような沢が、雨が降ったら、濁流の川になっていることはよくあります。

もし、そのような状況だった場合は、渡らないことです。

幸運にも、回り道があれば、そちらを選択しますが、もし無いようなら、引き返しましょう。

ただ、引き返す途中にも、渡ってきた沢がそのようになっている可能性もあります。

その場合も、無理して渡らずに、水が引くまで、安全な場所に待機し待つか、もし、無理そうであれば、警察や消防に救助を依頼しましょう。

命が一番大切です。

無理をして渡ろうとして、流された事故は、今までたくさんありました。


3.初心者に知ってほしい雨の登山の楽しさ

前章では、雨の怖さばかりを述べましたが、雨の登山も楽しいことがあります。

雨の日は、また違った表情を見せるのが自然です。

雨に濡れた草花の美しさは、晴れた時と違う、可憐さがあります。

そして、この雨の場所が日本アルプスなどの3000m級の高山帯になると、なんといっても、ライチョウです。

ライチョウは、悪天候を好みます。雨の日は、たくさん出てきて、愛らしい姿を見せてくれます。

雨も捨てたものじゃないですよ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ