登山初心者向けの宿泊場所は?

登山での宿泊は、テントや小屋から豪華なホテルまで、ニーズと予算によって、多種多様な種類が有ります。

しかし、テントや小屋は、ベテラン登山者が多く、なんとなく、登山初心者には、敷居が高いものです。

今回は、登山初心者の方でも安心して泊まれる、テントや小屋以外の宿泊施設をご紹介します。


1.登山初心者にお勧めホテル立山

ホテル立山は立山黒部アルペンルートの中心地、「標高2,450メートル」室堂平に位置する日本最高所のリゾートホテルです。

リゾートホテルですから、料金は非常に高いですが、一度は泊まってみたいホテルです。

但し、標高2,450mの特殊環境に建つホテルですので、気圧が低く空気が薄いため、健康な方でも高山病の症状が出る場合がありますので、心臓病、高血圧等の持病をお持ちの方、妊娠中の方は避けておいたほうが無難です。

このホテル立山は、立山の3000メートル級の山々まですぐで、立山主峰の雄山まで2~3時間の近さで、周辺は、みくりが池や地獄谷、などのビュースポットを見ながら、トレッキングが楽しめ、周遊途中で、剱岳の雄姿も望めます。

ここに泊まれば、立山黒部アルペンルートが、夕方終了した後の、観光客がいない静かな立山を味わうことができ、夜は、満点の星に感動することができます。

宿泊に必要なものは、すべてホテルに揃っていますので、荷物を軽くしたい登山初心者の宿泊にはお勧めです。


2.法華院温泉

法華院温泉は、大分県九重連山にある山小屋です。

九重連山(くじゅうれんざん)は、大分県玖珠郡九重町から竹田市久住町北部にかけて広がる火山群の総称で、九州本島の最高峰の中岳がそびえます。

特に春の、ミヤマキリシマと呼ばれるつつじが有名で、九州の登山者だけではなく、最近では、韓国や中国から登山者も多く、国際性豊かな山です。

山小屋ですが、初心者でも宿泊しやすく、登山口から2時間程度で、到着しますので、登山初心者の方でも、安心して行くことができるので、山小屋の入門としてはうってつけです。

ここは、温泉がお勧めです。天然温泉ですので、登山で疲れた体を癒しましょう。

また、温泉の外のベランダから、なんと、真っ裸で、九重の山々を眺めることができるので、真夏は、開放感を味わえますが、冬は寒すぎるので止めておきましょう。

但し、山の自然を保護するために、シャンプーや石鹸は使えませんので、注意してください。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ