登山初心者の山歩きの心得とは?

なんでもそうですが、心得やルールというもは必ずあります。

当然、登山や山歩きにも心得が有り、どんな登山者もそれを真摯に守る姿勢が大事です。

登山初心者の方は、これから、心得やルールを勉強しましょう。


1.登山初心者が登山で用意するべきものの心得

登山や山歩きでは、必ず用意しておくべきものが有ります。

代表的なものを並べてみますと、体に合ったザック、防水された靴、透湿性防水素材(ゴアテックスなど)の雨具上下、軍手ではない手袋、つばのついた帽子、杖(トレッキングポール)、水か薄めたスポーツドリン、昼食、カロリーメイトなどの軽食などになりますが、できれば携帯電話も持っていきましょう。

また、季節によっては、フリースなどの防寒具や携帯できるダウンジャケットなどがあれば心強いでしょう。

山で迷った時のための、地図とコンパスも必要ですが、初心者の方は前もって使い方を覚えておかないと役に立ちませんので、使い方を覚えておきましょう。

万が一、日が暮れた時のためにヘッドランプ、怪我の応急処置のための救急用品、気象情報を得るためのラジオもあれば安心です。

登山初心者の方は、最低限、これだけは持っていくように心得ましょう。


2.登山初心者が登山で守るべき心得やルール

実際に山を歩く場合の、心得やルールがあります。


1.山では登り優先

登山道で、他のハイカーや登山者とのすれ違う時は「登り優先」が原則です(下りは視界が利くが、登りは視界が狭いため)。

必ず、下る人が声をかけて、道を避けて待っておき、登ってくる人に道を譲りましょう。

その際、崖などで避けて待つ時は、擦れ違い時の事故を避けるために、できるだけ山側で待つようにします。


2.もし、誤って石を落としてしまったら

もし、登山中自分の足で石を落とした、または、落石の発生を発見した場合は、「ラクー」と叫び、周りに危険を知らせましょう。

落石は、小さな石でも勢いがついたら、大きな怪我に繋がります。


3.ゴミはポイ捨てしない、落ちていれば拾う

ゴミをポイ捨てしないのは、街でも山でも同じですが、落ちているゴミは持ち帰り、来たときよりもキレイにしましょう。

その為に、大きめのレジ袋を携帯しておき、ゴミを見つけ次第、拾って持って帰るようにすれば、山はすぐにキレイになります。

4.植物は絶対に採取しない

植物・鉱石などは、写真に撮るだけにして、採取したり、持ち帰ったりしないようにしましょう。

植物の中には、貴重な絶滅危惧種も有ります。

絶滅危惧種になった原因は、盗掘が原因の一つのものも有り、他の植物まで絶滅危惧種にしないように気を付けるべきです。

一度失った自然は二度と戻りません。

他にも心得はたくさんありますが、登山初心者の方は、最低限、以上を守って、みんなが楽しい登山ができるようにしましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ