登山初心者にありがちな勘違い

なんでもそうですが、初心者が初めての事にチャレンジするときは、勘違いも付き物です。

でも、できれば、そんな勘違いは無くしたいものですね。

今回は、そんな登山初心者のありがちな勘違いを紹介してみましょう。


1.登山初心者だからジーンズでもいい?

ジーンズは、汚れてもいいし、丈夫だし、アウトドア向きイメージで外出着にしますよね?

アメリカの映画なんかでも、アクティブなレジャーを行うときなんかは、大体、ジーンズをはいていたりします。

じゃ、登山でもジーンズでもいいんじゃないの?

答えはノーです。

では、なぜジーンズはだめなのかというと、問題なのは、その素材です。

ジーンズは、丈夫なぶん、かなり厚手のコットンで縫製されています。

このコットンというのが、曲者で、吸湿性は非常にいいのですが、速乾性がかなり悪い素材です。

つまり、汗や、雨などが吸収されると、なかなか、外部に発散されない、つまり、なかなか乾かないという事になり、これに、風でも吹けば、非常に冷たく感じます。

山登りは、汗を大量に掻きます。

山頂は、一般的に、風が強くて寒いです。

その汗が、ジーンズに吸収された状態で、山頂に立つと、凍える思いをするのは間違いありません。

もし、雨でぬれたような状態であれば、低体温症で、命の危険にさらされる事になります。

ジーンズはとっても危険という事は言えるでしょう。


2.登山に必要な水は多めに持つ

登山では、どれくらいの水が必要なのでしょう?

初心者の方にありがちなのは、500mmlのペットボトル一本だけ持っている事が多いようです。

季節にもよりますが、少ないと言えます。

日帰り登山として、6時間行動すると、最低でも1リットルは持ちましょう。

ペットボトルで持つとしたら、500mmlのペットボトルをザックのサイドポケットに入れ、いつでも、飲めるようにしておき、もう一本をザックに入れておきます。

本当は、もう一本、つまり1.5リットル欲しいところですが、総重量で1.5キログラムになり、これだけで疲れてしまう可能性があり、本末転倒です。

ここで、初心者から一歩踏み出そうとすれば、ペットボトルで持つので無く、水筒で持つようにすると、ちょっと格好がよくなります。

また、水筒も保温性があるものがあるので、それで、夏は冷たく、冬は暖かい飲み物を持てば、快適な登山になります。

また、初心者にありがちなのは、ビールを持って上る人がいます。

山頂で飲むビールは格別とは思いますが、ビールは、利尿作用があり、水分補給になりまし、下りが非常に危険なのでやめましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ