登山道のルールやマナー|登山入門ガイド

社会にルールがあるように、山にもルールとマナーがあります。

ここでは登山道でのルールとマナーをご紹介します。

全ての人が気持ちよく時間を過ごす為に、登山へ出掛ける前に読んで頂きたいと思います。


1.登山道の譲り合い

登山道には当然のことながら登る人、下る人がいます。

狭い登山道などですれ違いが困難な時、どちらが優先か。

登りが優先だとされています。

いつからルールとなったのか、何故登りが優先なのか、明確な著書などはないようですが、恐らく自然の中で生まれたルールなのだと思います。

下山より、登りの人の方が苦しく気持ちに余裕がない場合が多いということと、斜度によっては登りの人の目線(視界)に下山者が入っていない場合があるからではないかと個人的には思います。

しかし登りが優先というルールがあるからといって、それを絶対にするのも危険だと感じています。

例えば、険しい場所の先で下山者が待っている状況で、上りは急いで登らないと迷惑が掛かってしまうからと気持ちが焦り、ペースが乱れて必要以上に疲れますし、焦って手足を滑らせて怪我をする可能性もあります。

焦らなければいいのでしょうが、人としてその状況だと焦りは出ます。

登り優先が登山のルールだマナーだと豪語している登山者を見かけますが、お互いに声を掛け合い状況に応じて譲り合いの心が必要だと思います。

一番は「お先にどうぞ」「ゆっくりどうぞ」など、声を掛け合うことが大事ではないでしょうか?


2.すれ違いは谷側で待機

登山道すれ違いのルールとして、下山する者が山側、上る者が谷側を通るというものがあります。

谷側は滑落の危険を含みますので、止まって待機する者が山側に身を寄せて、谷側にはバランスを取り歩きながら通過できる上る者ということなのでしょう。

ですから、上り下りに限らず待機するような場面が来たときには山側に身を寄せることを覚えておきましょう。


3.山での挨拶

すれ違う時「こんにちは~」と声を掛け合うのも、登山道ならではの光景。

静けさを求めて山に入っても、登山者とすれ違うと嬉しくなったりするものです

余裕があれば、同じ山を歩く者同士ですから頂上や登山道の状況など情報交換をするといいでしょう。

しかしツアー団体とのすれ違いは全員に挨拶するのは困難です。

団体人数の状況に応じて挨拶しましょう。

観光化している山は大変な混雑をしていますので無理に挨拶する必要はないでしょう。


4.全て持ち帰る.

ゴミを持ち帰るというのはルールというより、マナーです。

それは山でも山以外でも同じではないでしょうか。

たまに見かけるのが、カップラーメンを食べて飲みきれなかった汁をその辺に捨てている人がいます。

それは、その土の下にいる植物や虫などに必要のない成分です。

山では、ラーメンの汁まで全て飲み干しましょう。

登山のルールとマナーを守って、そこにいる全員が心と体に気持ちいい状態でいたいですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ