登山初心者向けの防寒着の選び方

山での体温低下は低体温症を招き生死に関わります。

登山服の基本であるレイヤリング(重ね着)をすることで、服の間に空気の層を作っていきますが、その層を作る防寒着となるミッドウエアとアウターウエアについてご紹介します。


1.ミッドウエア

アンダーウエアーの上に着るミッドウエアとは「中間着」のことで、シャツ・ベスト・フリース・ダウンと幅広くあります。

これらを季節・気温に応じて組み合わせてレイヤリングしていきます。

暑さ寒さは人によって感じ方が違いますので、紹介する全てを登山に持っていくのではなく、参考にして選んでください。

尚、保温・透湿性の高いミッドウエアですが、雨風を凌ぐにはアウターウエアが必要です。


1.シャツ

シャツは、Tシャツタイプと羽織るタイプの山シャツ(長袖・半袖)があります。

登山に使用する洋服の速乾性・透湿性を重視していますので、綿素材は絶対に避けてほしいのですが、何故か登山用品店で綿100パーセントが販売していたりしますから確認して購入しましょう。


2.フリース

ミッドウエアの中で一番使用頻度があるのは、個人的にフリースですね。

透湿性に優れているので汗を発散してくれるので気温が低い日は行動中(登山中)に着ることもあります。

また防寒として、休憩時や山小屋では大活躍です。


3.ダウン

ダウンは、一度濡れると中々乾かないので行動中に着ることは少なく、厳冬期の中でも非常に気温が下がった時くらいでしょうか。

しかしフリース同様、山小屋では大活躍・必要不可欠です。

夏山登山だからといって、防寒着を持っていないと一人寒い思いをしなくてはいけなくなりますよ?


4.ベスト

ベストはなくても困りませんが、あったら重宝します。

特に明け方の行動開始から体が温まるまでや、稜線で風が冷たくお腹が冷えそうな時。

内臓周辺が暖かいだけで、寒さが和らぎますし何故か安心できます。


5.ソフトシェル

近年出てきた商品ですが、位置づけがミッドなのか、アウターなのか、不明ですが大方ミッドウエアです。

知人がフリースとウィンドブレーカー替わりにいいと言っていたのが数年前。

そこからソフトシェル自体がどんどん進化していて「撥水性・透湿性に優れているけど防水性ではない」といいながら、ゴアテックスのソフトシェルもあります。

ソフトシェルは多種多様で、ここで商品1つ1つを掘り下げても仕方ないので店員さんに相談してみてください。

投げやりな気持ちではないことだけ、ご理解ください。


3.アウターウエア

アウターウエアは雨風雪を凌ぐ、一番外側に着るウエアです。

レインウエアもその一つ。

そして冬に着るハードシェル。

近年ハードシェルの変わりにソフトシェルを着る人が増えているようですが、根本的に違うのは名前の通り硬さです。

冬山で着用しますが、冬はピッケルやアイゼンを使いますから、それらが容易には刺さらないように出来ています。

温かければいいという話ではありません。

登山初心者の皆さんには、少し先の話ですが頭の片隅に入れて置きましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ