栄養補給のポイント|登山入門ガイド

登山って、驚くほどにお腹空くんですよね。

どんな食料を持っていき、どんな栄養補給をすればいいのか。

登山初心者に最低限知っておいてほしいことを、わかりやすく伝えます。


1.食事も目的別で変えよう

山頂での、カップラーメンの麺をすすりながらオニギリ、スープを飲みながら2個目のオニギリ、食後のチョコレートとコーヒー。

登山を始めたらやってみたいことの1つだったりしませんか?

最高の気分になりますから是非、やってみてください。

ただし、ある程度余裕を持った登山の時にしてくださいね。

今日は一日快晴です!と明らかな日に、頂上で食事と景色をのんびり楽しむつもりの山登りであれば、沢山食べても下山をするだけなので問題ないでしょう。

登山途中で昼食、またその後まだ頂上や目的地があるのなら、そんなに食べたら苦しくて動けなくなります。

そして、急な雨が降り出したらカップラーメンなんて悠長に食べていられません。

どんな状況になっても食べられるものを持っていくことが大切です。

色々な山に挑むようになると、行動中の食事は数分で済ませ、ただの栄養補給と考えはじ目る人が多くなります。


2.登山における必要な栄養

栄養補給イコール登山に必要な栄養素を体に取り入れるわけですが、一番必要なものは炭水化物、そうエネルギーです。

炭水化物が不足すると、炭水化物を餌にしている脂肪も燃えなくなり、大量のエネルギーを使っている脳の働きも鈍くなります。

それは集中力や判断力の低下や運動能力の低下に繋がり怪我や道迷いを招くことにもなりますし、怪我などがなくても最終的にシャリバテを起こします。

シャリバテとは車でいうガス欠で、思考能力が低下していて補給ランプに気が付かず、突然シュンと体が動かなくなります。

本当に動けなくなります。

そうならないために意識して栄養補給・水分補給を実行しなければはいけません。


1.炭水化物の種類

炭水化物の中でも、「腹持ち」を考えて米・パン・麺類を登山前日からしっかり食べて置き、登山中も摂取します。

ただ疲れてくると、それらが喉を通らないことがあるんですよね。

そんな時には行動食(非常食)に頼ります。

炭水化物の中には糖類も含まれますが、腹持ちのよい炭水化物の間に挟み、不足したエネルギー補給をする、それが行動食です。

糖類は、疲れにとても訊きますが血糖値が一気に上がるので大量摂取は体がだるく疲れやすくなることもあります。


2.行動食からとる栄養

行動食は、糖類だけをしめすものではありません。

行動食でお薦めを1つあげるとしたらナッツ類。

アーモンドはビタミンEが豊富で、クルミは脂質・タンパク質が主成分ですし、ちょっとお高いですが、松の実やヒマワリの為は糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1が多く含まれていて、更には鉄分も豊富です。

栄養素的にもカロリーも申し分ないです。

ナッツ類を蜂蜜などでコーティングしてあるお菓子が数多く見られるようになりましたが、個人的にはかなりお薦めです。

皆さんも、自分がお薦めしたい山の食事に出会えるといいですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ